陶芸体験

絵と共に興味のある陶芸を体験してみました。手ごねから始まり、乾燥、削り

釉薬付等を3日間で行い、焼いていただきました。

左のグラスはビールを美味しく飲む為にイメージして作りました。

遣れた感じの藍色と無地、白いラインを加えて仕上げました。削りの作業で

なるべく、薄く、口当たりの良い感じを作るためコツコツ削っている時が

最も集中できて楽しかったです。早速ビールを飲んでみましたら、最高です。

右のおちょこは余った粘土で椿を意識して即興で作りました。こちらも昨日

戴いた日本酒(生)をいただいてみました。ちょっと飲みにくいかんじですが

丸をつけてもイイと思います。集中して物を作る喜びを久しぶりに感じました。

生活の中で手つくりの物で彩るのも結構いいもんですね。本格的に陶芸も勉強

したいと感じております。カンパーイ。。

1件のコメント

  1. 陶芸はいいですね。土を捏ねるところから、精神が研ぎ澄まされていくように思えます。
    電気炉よりは、登り窯がいいですが、なかなか難しいですね。
    窯変が楽しめるといいのですが、個人では非常に困難でしょうね。
    自分で創った器で、吟醸の純米酒を飲む♪というのは、至福の時間になるでしょうね。
    そういうときは、JAZZよりは、邦楽なのでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です