毎年、咲かせよう胡蝶蘭

今年も色々な色の胡蝶蘭を咲かせました。結構 楽しいことです

いただき物で始まった胡蝶蘭を育てること  最初は失敗の連続でしたが、以下の様な工夫をするようになり、毎年咲かせることができるようになりました。

温度ばかりを気にする方が多いのですが、他にも注意が必要です

1、4月から9月の半年は表に出し、真夏は遮光か東側に持っていく、そして、たっぷりと、水をあげ、午前中に太陽光をたっぷり浴びせる 毎週水性肥料を夏以外に与える

2、10月からは室内の日当たりの良い、最低温度が12度以上をキープできる場で水は控えめに乾かしぎみに(週1位で充分)与える。月1位で水性肥料を与える

3、ミズゴケは3年毎位で劣化した物を交換する。鉢の大きさも大事で2~3株毎に育て、丁度収まる程度が良い。大きすぎで、湿気が多い状態は駄目

自己流ですが、ポイントは外ではたっぷり日光と水を、内では乾燥気味にです

家の計画段階でも蘭等を育てる場を演出し考える。好きな人にはたまりませんね

一番古い株で8年咲きました。今年は無理でした(残念) 胡蝶蘭に限らず植物を育て楽しむには毎日の観察(チョットでも)が大切です  写真のピンクの株は3年目です   結構かわいいですよ~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です