バカにできないトースター

キッチンにおいて、色々な家電を置くことになりますが、最もよく使いバカに出来ないのがオープントースターだと思います。美味しくパンが焼けるトースターが有名ですが、私のお勧めはアラジンのオープントースターです。

特殊なヒーターにより、280度までの高温で調理でき、パン等は温度を220度位まで下げて2~3分でこんがり焼けます。スペアリブ等の焼きを充分入れた方が旨い焼き系にピッタリです。                        最近よく使うのが市販のプレーンピザにプラスアルファー

3A(アスパラガス、粗びきウインナーのスライス、粗びきペッパー)にニンニクをスライスしチーズを足し、高温280度でこんがり焼くと最高です。以前は生地も自分でこねて、ピザ専用の土鍋等で拘って調理しましたが、このトースターのおかげで、このパターンで市販の生地(200円位で買える)でもすごく美味しくなります。他ではジャガイモを皮のままでスライスし軽くオリーブオイルをふって240度で5分。ほくほくのポテト焼き(かるく塩胡椒)もお勧め。

凄い本格オーブンでの拘った料理もいいけれど、このトースターにトレイが付いており色々な使用ができて、手軽に美味しい物ができて最高です。

キッチンのプランニングで頻度が高いオープントースターを中心にレイアウトをすべきではないかと思います。数年で買い替え、日々進化するトースターですがどんどん、使用範囲が広くなってます。逆に他の設備で食洗器等ビルトイン設備等後々、交換の際に結構苦労するのでメンテナンスのキッチリしたメーカーを選ぶべきでしょう。少々高いがミレーの食洗器は機能が良く気に入ってます。

米国製は以前避けていましたが、ドラム洗濯機でホワイルプールに交換し3年目ですが米国製はやや安く性能も良いです。イメージで判断してはいけませんね。

幅広い知識がこの様な事まで含めて住宅販売には必要かもしれません。

1件のコメント

  1. トースターというと、祖母の家にあった東芝製のトンネル様なコンロの中をコンベアのように食パンが運ばれていく間にトーストされるというマシンのようなトースターを思い出しました。
    オーブントースターは、息子に進呈してしまったので、パンを焼くのは、もっぱら魚焼き機となります。ガス台の真ん中に位置する魚焼き機でパンも焼いてしまいます。なかなか美味しいです。
    バターを塗って、蜂蜜を垂らして、シナモンパウダーを振り掛ければ、ちょっと美味しいトーストになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください